地域福祉活動計画

全文PDF版はこちら
 これまでの福祉サービスは、特定の人のためのものと思われていたため、「福祉」というと、高齢者や障害を持った方などのためのものというイメージをもっている人が多かったかもしれません。しかし、誰でも病気になったり、介護が必要になったり、子育てで悩んだりするなど日頃の生活の中で、手助けが必要になるときがあります。そんなときに、町や専門機関と地域住民や民生委員・児童委員、ボランティアなど地域に関わるすべてのものが協働して、支援を必要としている人を支えていく「地域福祉」のしくみづくりが求められており、このしくみづくりを計画的に進めていくことを目的に、「地域福祉活動計画」を策定しました。


 平成29年8月22日(火)町役場大集会室において第10回宝達志水町社会福祉大会を開催し、福祉功労者51名を表彰しました。
 表彰式の後、町内2か所のサロン活動の様子をビデオ上映しました。内容については、「参考になった」「他の地区のビデオも見てみたい」などの意見をいただきました。

 最後に医師の松本光正先生に「認知症予防」についてと題し、講演をしていただきました。講演内容では、「今まで一番良かった」「他の人にも聞かせたい」という感想がありアンケート結果では、ほぼ全員から高評価をいただきました。
 また、「内容が分かりやすい。」「久しぶりに笑った」など先生の話し方につても高評価でした。